上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3月3日に記事にしました。ご近所のマンションの路上で暮す親子の件


先週、地元の地域猫の会さん(3名)および、「犬猫救済の輪」さんのご協力を頂き、
捕獲・避妊手術・寄生虫の駆除・3日間の入院を実施致しました。


ボランティアさんが事前におっしゃられていた親猫の確保を、当方が行なっていなかったため親猫が散歩に出かけており、
捕獲に1時間程を要しました。(先人の言う事は、耳をかっぽじいて聞き守る事が大事ですm(_ _)m

neko080303-06.jpg

先日、会えなかった親猫、ゆうゆうと現れました。

neko080320-01.jpg

やはり・・・


2年半前、まさに当家にちびを迎え入れる準備を進めていた際に出会った、あの親猫でした。


このマンションの猫達を、13年間、毎朝、毎晩食事を与えらっしゃる女性のお陰で、
ここの猫達はみんな痩せてはいません。


しかし、あの親猫は、もう7歳にもなるのに毎年子を産み続けていました。


コンクリートの地面と壁に囲まれたこの駐車場・・・


親猫は、度々、子供達の首を噛みジャンプしたりしながら居場所を変えます。


その際に、高い所から落としてしまい、ほとんどの仔猫は死んでしまっていたのだそうです。


2年半前に、♂を立ち止まらせた、あの白い猫は鼻を怪我してグロッキー気味でした。


たぶん、路上でのびていた、この子をどなたが塀の上に置かれたのでしょう。


この子は、幸いな事に、同じマンションの方が貰われ、今では室内で生活しているそうです。


それは、2年半前から、心に住み着いていた「路上猫の明と暗」、ちょっと晴れました。


2年半も掛かった、気が長く、遅い進捗の話ですが、今後、この子の兄弟が死んでいく事はありません。


neko080320-03.jpg


親子の捕獲の最中、見かけた妙な光景・・・


何してんだろ・・・


neko080320-04.jpg


水飲んでるんです・・・


コンクリートに囲まれた、この都会、水を飲むのも知恵がいるのです。


neko080320-02.jpg


もっと、もっと、がんばるから、今日より、明日、進んでいくから・・・


一人、から二人、百人、千人、一万人・・・


味方を増やしてみせるから・・・


テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット


以前の記事を読んでからずっと気になっていました。
本当によかったですね!

あいちゃんとちびちゃんの姿を
こちらで見せていただくだけでは我慢できなくなり
家族を説得して
我が家でも路上猫を引き取りました。
今では家族全員が猫大好き!大切な家族です。
そんな我が家を見て
親類も路上猫の引き取りを考え始めました。
少しずつ、少しずつですが味方は増えていると思います。
【2008/03/21 14:53】 URL | みぃ #-[ 編集]
良かったですね。
以前の記事を読んだときから、ずっと気がかりでした。
このお母さんはにゃぱねっとさんと不思議なご縁があったのでしょうね。

避妊手術もできたなら、これから体もラクになるし、
なにより仔猫が増えなくて安心です。

ご近所には心優しい方が多くて
幸せだと思いました。

テレビでは「針金犬」が話題になり、
やはり少し前に話題になった「崖っぷち犬」のときと同じく
飼いたいという問い合わせが寄せられているとか。

でも、もっともっと不幸な子がいる。
「処分」というモノのような扱いで殺されてしまう犬猫たちが
恐ろしい数いることを、もっと知って欲しいです。

【2008/03/20 22:09】 URL | 猫姫 #-[ 編集]
一年ほど前から奥様の方のブログとこちらにお邪魔させてもらっていますが、今回初めてコメントさせていただきます。
今月はじめの記事を読んでからずっと気になっていましたが、
本当にホッとしました。
我が家にも野良の母から生まれて瀕死状態だったのを2匹飼っています。
同じ母から生まれた2つ違いの兄と妹で、今では余るほどの元気猫です。
他の兄弟や母猫は逃げ足早くて捕獲できず救えませんでした。
結局、猫風邪で弱ってしまい母猫はその3年後に亡くなり、
兄弟猫たちも交通事故や病気で亡くなったようです。

世の中から一匹でも多くの不幸な動物が救われるようになるといいですね。
【2008/03/20 17:29】 URL | hana #fYgHHpm2[ 編集]












管理者にだけ表示を許可する




Design by mi104c.
Copyright © 2017 「猫の集会場」直営 ネコネット, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。