上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




多摩川の河川敷は広大で、通常綺麗に整地してある、野球場、ゴルフ練習場、テニスコートが広がっている。

何度か自分も野球をした事がある場所だ。

金曜日出社後、Yahoo!で見たニュースの記事、何が起こっているのか?想像がついた・・・

気になりながらも、そこはサラリーマン、その日は現場に行く事は出来なかった。

川崎で京急に乗り品川方面へ発車後、数十秒で多摩川を越える・・・

見えてきた景色は・・・

neko070908-01.jpg

酷い・・・泥まみれ、所々に瓦礫の山・・・

neko070908-02.jpg

ここはゴルフ練習場・・・

neko070908-03.jpg

ここはテニスコートと野球場だった・・・

掃除をされている方に聞いた・・・

「明け方で逃げ切れなかった」

(そうじゃないと思った・・・逃げる場所がなかったのだと思った)

ホームレスさん達は、救出の際「動物より人間!」との指示に対して、
「まず犬猫を!」と、優先させたと聞いた・・・

弱いもの行き場の無いもの同士、やっと見つけた都会の片隅・・・

誰だって危険だと言う事は解っている・・・住みたくはない場所

地球温暖化
の影響で年々巨大化が進む台風・・・

一番先にその被害にあうのは・・・

電気等のエネルギーを使えない場所に住む人達と犬猫・・・




人気ブログランキング Catsに一票!



【イベントのお知らせ】

新潟市(9/9):「身近な動物問題に目を向けて」~消費されるペットのこと、のら猫のこと~

東京・下北沢(9/23・24):ねこ展 in 下北沢



多摩川川崎側二子橋~多摩川大橋下流でボランティアを続けている者の一人です。
フードを配りながら犬猫の安否の確認をしていますが17日時点で犬は全員無事で元気です。が、2匹飼っている人(65歳で体調も悪い)が住居所持品全てを失いやる気をなくして犬を手放しオカの生活に戻りたいと言い出して困っています。
どなたか犬を引き取って下さる方はいらっしゃらないでしょうか?日本犬系雑種で中年のオスメスです。不妊手術狂犬病予防接種済みです。

猫は行方不明だった子達が続々と戻ってきて現在安否不明猫は3分の1位まで減りました。
行方不明の猫の大部分はホームレスさんの小屋の中で寝ていて人間だけが逃げて猫は取り残され小屋ごと濁流に流されたというパターンです。おそらく溺死したと思われます。
1匹だけ大事に飼っているホームレスさんはキャリーバックも持っていてそれに入れて連れて避難したけれども多数を世話していた人は水に怯えてパニックになった猫たちをどうすることもできず置き去りにして自分だけ逃げたようです。猫達のために避難するのを拒否したホームレスなど川崎サイドには一人もいません。まさか小屋が流されるなんて思わなかったと言ってますが・・・

なつきが悪くて人のそばに寄ってこないような猫たちのほうが野生の本能が強く働くのか無事逃げおおせたケースが多いです。

生き残った猫たちの中でも元々健康状態の悪かった猫達は当然悪化していて治療が必須な猫が現在3匹います。今後さらに増えると思います。

台風はまた来るでしょう。このような危険な場所で暮らさざるを得ない犬猫を少しでも減らしたいというのが多摩川河川敷にかかわるボランティア一同の切なる願いです。しかし捨てていく人たちが後を絶ちません。せめて駐車違反を取り締まる位のまじめな取り組みが行政の側にあればと思います。

それからホームレスの中にも飼養能力もないのにやたら犬猫の数を増やしてしまう病的な人たちがいます。
そういう人の犬猫は餌が足りず栄養失調で病気になり、本当に哀れです。
ところが驚くことに本人は自分の犬猫が哀れな状態だと思っていない!嫌がるのを説き伏せ不妊手術をして貰ってもらえる犬猫は貰ってもらい、苦労して数を減らしてもまたどこからか新しく犬猫(特に猫、入手が簡単)を連れてくる・・・こういう異常者は普通の住宅地にもいます。行政はこういう問題にもまったくまじめに取り組む気がありません。
【2007/09/19 05:20】 URL | 島 久美子 #9KCNSQ9o[ 編集]
太字の文多摩川川崎側二子橋~多摩川大橋下流でボランティアを続けている者の一人です。
フードを配りながら犬猫の安否の確認をしていますが17日時点で犬は全員無事で元気です。が、2匹飼っている人(65歳で体調も悪い)が住居所持品全てを失いやる気をなくして犬を手放しオカの生活に戻りたいと言い出して困っています。
どなたか犬を引き取って下さる方はいらっしゃらないでしょうか?日本犬系雑種で中年のオスメスです。不妊手術狂犬病予防接種済みです。

猫は行方不明だった子達が続々と戻ってきて現在安否不明猫は3分の1位まで減りました。
行方不明の猫の大部分はホームレスさんの小屋の中で寝ていて人間だけが逃げて猫は取り残され小屋ごと濁流に流されたというパターンです。おそらく溺死したと思われます。
1匹だけ大事に飼っているホームレスさんはキャリーバックも持っていてそれに入れて連れて避難したけれども多数を世話していた人は水に怯えてパニックになった猫たちをどうすることもできず置き去りにして自分だけ逃げたようです。猫達のために避難するのを拒否したホームレスなど川崎サイドには一人もいません。まさか小屋が流されるなんて思わなかったと言ってますが・・・

なつきが悪くて人のそばに寄ってこないような猫たちのほうが野生の本能が強く働くのか無事逃げおおせたケースが多いです。

生き残った猫たちの中でも元々健康状態の悪かった猫達は当然悪化していて治療が必須な猫が現在3匹います。今後さらに増えると思います。

台風はまた来るでしょう。このような危険な場所で暮らさざるを得ない犬猫を少しでも減らしたいというのが多摩川河川敷にかかわるボランティア一同の切なる願いです。しかし捨てていく人たちが後を絶ちません。せめて駐車違反を取り締まる位のまじめな取り組みが行政の側にあればと思います。

それからホームレスの中にも飼養能力もないのにやたら犬猫の数を増やしてしまう病的な人たちがいます。そういう人の犬猫は餌が足りず
栄養失調で病気になり、本当に哀れです。
ところが驚くことに本人は自分の犬猫が哀れな状態だと思っていない!

不妊手術をして貰ってもらえる犬猫は貰ってもらい、苦労して数を減らしてもまたどこからか新しく犬猫(特に猫、入手が簡単)を連れてくる・・・
こういう異常者は普通の住宅地にもいます。もちろんごみ屋敷と同じで
近隣からの鼻つまみとなります。行政はこういう問題にもまったくまじめに取り組む気がありません。
【2007/09/19 05:12】 URL | 島 久美子 #9KCNSQ9o[ 編集]
こんにちは。
ホームレスの方が一生懸命に、ヘリを追い払っている場面をTVで見ました。
最初は何故!?と思いましたが、実は木に登った猫を守る為の行為だったんですよね。
自分の命よりも、猫の命を守ろうとする姿に心打たれました。

また別のホームレスの方は、まだ水位が上がってきてない時点で、一緒に暮している猫が怖がって、ずっと彼にしがみついていたそうです。
そして危険な水位になった時点で、猫が大きな声で鳴き叫んで危険を教えてくれたそうです。
しかし恐怖でパニックになっている猫を、必死で抱いて逃げようとしましたが、猫は暴れまくっていたので、プラスチックのケースにあるだけの服などを積んで高く高くして、その上に猫を避難させる事しか出来なかったそうです。
水位が下がってから一目散に彼は、猫を探しに行きました。
すると奇跡的に猫は、非難させた場所で生きており、飛び出してきたそうです。

都会で生きていく為には、ある程度まとまったお金がないと生きていけません。
河原で暮らす事は、いつ何があるかわからない。
天災で一番最初に被害に遭うのは、そこで暮している方々。
そこで野良犬や野良猫と行き場を失った者同士が、心を通わせ生きています。

私達家を持って社会にも属している者達が、果たしてこのような事ができるのでしょうか?
ペットを飼ったのに、一生面倒を見ない人達。
小さい生き物を見つけては、虐待・殺戮を犯す人達。
いつまでも無くならない現実。
こんなに恵まれた環境にいるのに、人として生物としていの心は何処に行ってしまったのでしょう?
とても悲しく、悔しく・情けなく思います。

格差社会と言われている現在、社会構造・雇用状況にも問題が多々あると感じています。
どうにかならないものでしょうか?
日本って、こんなに悲しい国だったのかな?

そう感じている自分自身も、いつ彼らのように生活をするかもしれないな・・・なんておもいながら。
【2007/09/09 12:15】 URL | みとら #mQop/nM.[ 編集]
ちょうど台風が直撃した夜のマンションの駐車場で、いつもいるノラちゃんが車の下へ入ってものすごく悲しそうに鳴いていました。下へ入っていてもかなりの量の雨と風のためにビッショリ濡れていて見ているのも辛かったです。
息子は「お願いだから一晩だけでもうちへ連れて帰らせて欲しい。」と必死に訴えてきましたが、今住んでいるマンションはペット禁止のため、それも出来ず本当に悲しかったです。幸い翌日には元気な姿を見ることができて安心しましたが、あの台風で命を落としてしまったノラちゃんもきっとたくさんいるんだろうなと思うとやりきれない気分です。
【2007/09/09 10:58】 URL | みーこ #-[ 編集]
多摩川には、行き場の無い人達、犬猫達が、身を寄せ合って何とか生き延びていました。

危険な事はわかっていました。でも、行き場所はありません。

コンクリートだらけの街に所属するにはお金がいるのです。

「退避しろ」と言われても犬猫を捨てて逃げて行けなかったのです。

命を掛けて「犬猫が先!」と叫んでがんばったホームレスさん・ボランティアさん・・・

命を掛けてホームレスさんを救出されたレスキュー・行政の皆さん・・・

どちらも正しく、尊い気持ち・行動です。


まず、「自分が第一!」」「家族が第一!」「人間が第一!」「国家が第一!」・・・「他の生物の事はしょうがない」と言う人間の性は、いずれ、地球と言う生命体から審判と罰をくだされますね。
【2007/09/09 09:47】 URL | ♂ #zh4sxxIA[ 編集]
アメリカで、日本の台風のニュースを見ていたので、この洪水のことも知っていました。そのニュースで、猫と一緒に流されるホームレスを見ました。

どうか助かって欲しいと、心から思いました。

【2007/09/09 07:53】 URL | かおり #-[ 編集]
テレビで見た映像では濁流の中、流されて行くホームレスの方が
『ヘリの音と風で猫が怖がるから来るな』と救助隊の方に怒鳴っていました。
自分の命に関わる事態なのに先ず猫の気持ちを考えての行動だったのでしょう・・

弱いものがいつも犠牲になる・・
考えさせられる事の多い台風の爪あとでした。
【2007/09/09 01:25】 URL | pepe #-[ 編集]
他のブログも読みました。
避難勧告を聞かずに取り残された人に対する非難もありました。

非難する側は、エアコンの聞いた快適な部屋に住んでいることでしょう。
そのエアコン等も温暖化の原因になっているかもしれないのに。

ニャパネット♂さん、現場に行かれたのですね。
行かずにはいられなかったのだと思いますが、
さぞ、心を痛めておられるだろうと心配です・・・・。

【2007/09/09 00:20】 URL | R #-[ 編集]
こんばんは。
今回の台風で猫たちが流されていく映像を見ました。
惨い映像でした。正視できませんでした。
天災で犠牲になるのは弱者です。
それはわかっているのですが、
わざわざ、放送する必要があるのかと思わせるものでした。
何にも出来ないから「撮った」といっていたようですが・・
天災のむごさは、他でも伝えられるのではないかと。

残された命が一日でも早く安眠できるところが出来ますように。
【2007/09/08 23:12】 URL | nanami #czwcMj9s[ 編集]
猫を抱いて木にしがみついていた男性が救助されたのは多摩川でしたよね?よくぞ守ってくださったと思います。でも、もしかしたら子猫なんか流されてしまったのではないかと心配しています。ホームレスというと汚いものの代表のように言われますが、弱いものにかける愛情は人一倍持っているように思えます。また元のところで住めるのでしょうか、、、。猫たちはどうなるのでしょうか、、。
【2007/09/08 22:07】 URL | たま #-[ 編集]












管理者にだけ表示を許可する



管理人の承認後に表示されます【2007/09/11 06:59】


Design by mi104c.
Copyright © 2017 「猫の集会場」直営 ネコネット, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。