上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 日本経済新聞社(通称:日経新聞)夕刊 プロムナードに掲載された「坂東眞砂子:子猫殺し」の一件、タヒチを管轄するポリネシア政府は、坂東さんの行為を動物虐待にあたると、裁判所に告発する構えを見せている。

○毎日新聞社:<子猫殺し告白>坂東さんを告発の動き…タヒチの管轄政府
何で?坂東さんの反論は、日経新聞上では無く、毎日新聞や、他の出版社で行われるのでしょうか?日経新聞社に切り捨てられたのでしょうか?
最初から、日経新聞社は、「我々は載せただけです」と言うスタンスを繰り返している模様なので、当然か?
著者の記事をそのまま載せるだけなら、編集者いりませんね。印刷屋さんだけでも出来ます。(^o^:)

○タヒチ政府の公式サイト
 http://www.gouvernement.pf/articles.php?id=3177

○フランス語機械翻訳
 http://translation.infoseek.co.jp/?ac=Web&lng=fr
 http://translation.infoseek.co.jp/?ac=Text&lng=fr

○タヒチ*ライフ sous les cocotiers(タヒチ在住の方のブログ)
 http://blog.goo.ne.jp/cocotier2004/e/7f6a0abfe9a627a6681ab44a85ca0262

日経新聞不買運動
 日経新聞社員 インサイダー取引逮捕(7月)
 日経新聞社員 痴漢 逮捕(8月)
 日経新聞社員 詐欺 国の助成金詐欺容疑で本社元社員ら逮捕(9月)
 荒廃してモラルの消えた不良学校みたい・・・(^_^;)

 本件、世の中の常識から、ちとズレた作家さんの原稿を、そのまま掲載してしまった、判断力も想像力も乏しい、ぬる~い文化部(経済新聞社なので精鋭は経済担当なんでしょ)さんのチョンボなのでは・・・

 でも、その後、事の重大さに気が付き「我々はただ、掲載しただけです」と、だんまりを貫き、作家さんを切り捨てた様に見えるのは気の性でしょうか?何か、物言わぬのは、大企業病と言うか冷酷を感じます。

 悲劇的な結末に至らぬうちに謝罪された方がよろしいのでは・・・と思うばかりです。

 また「言論の弾圧」等と叫んでいる作家や文化人達は、「言論の自由」とは、自分たちのメシの種であり、「学も無い一般人が、我々文化人の既得権益である言論を非難するな!それでいいのだ!」と言っている様にしか見えません。

 日本人の命に対する感性とやさしさを、甘く見ていませんか?我々だって感性や判断力はあるのです。どこが異常で、どこがミスを犯し、そして一人に責任を押し付けて、幕を引こうとしている腹黒い思惑も感じています。

 本件の当初から意見記事を書かれていた、石原啓江川昭子両先生が、女性だったと言うのは象徴的で、やはり、母性による直感的な正しく強い判断だったのかな・・・と思いました。



子猫、殺さなくても、世間に疑問を呈する事は、出来ます。
(微力で、ちゃちくても想いは伝わるはず・・・(^_^;)

 日本においても、タヒチにおいても、人や動物に対しての虐待・殺害は、犯罪です。

 日経新聞社や坂東氏のどのような詭弁や虚勢も、物言えぬ動物に対しての虐待や殺害を正当化する事は出来ません。

ブログ用画像

「ひろく国民の間に命あるものである動物の愛護と適正な飼養についての関心と理解を深めるようにするため、動物愛護週間を設ける。」

P.S.
 仕事上の、今年最大の山場は、乗り切れ、ほっとしつつ、二にゃんと遊んじょります・・・心優しき励まし有難うございましたm(_ _)m


 日本無神経大新聞社に喝だ!

 猫好きのためのSNS「猫の集会場」利用無料です。2,000名を超える方々に参加頂き、猫に係わる情報交換や親交の輪、そして「猫のサポータ」の繋がりが確実に広がっています。ご利用頂ければ幸いです。

 「猫のサポータ」の輪を広げるために、下のブログランキングのバナーを1クリックづつ、宜しくお願い致します。
ぽちっと
クリック
にほんブログ村 猫ブログへ

※「猫のサポータ」とは、路上猫救済のボランティア活動に直接参加する事は出来ないけれど、路上猫の事を想い、無理無く、自分に出来る事をみんなで考える試みです。

テーマ: - ジャンル:ペット


いつも 御世話になっております、黒猫(フランス語で
la chatte noir)です。
仔猫殺しについてあえて言わせていただきますと。
『子種を殺すも 仔猫を殺すも同じ』というのは、
明らかに間違っています。
また、人間は全生物を司るものの責任と義務
を持ちます。すなわち、生まれてきた仔猫の世話を
できないのであれば、避妊手術を施すべきです。
人間と、人間でない生物は同一の意義を持つ場合も
ありますが、完全に同一ではありません。
避妊手術を受けさせるのは可愛そうである、という
人間としての立場を動物に当てはめるのは、完全に
正しいとは言えません。
以上、二点において坂東氏は明らかに間違っております。

この様な悲劇がこれ以上増えないように
願っています。v-217
【2006/09/24 16:52】 URL | la chatte noir #-[ 編集]
悪いことをしてはいけません。人殺しをしてはいけません。犯罪を奨励、及び正当化する記事は、いくら言論の自由とはいえ、
報道倫理に外れ、掲載できない、なんてことは
善良な市民の皆さんは、常識以前にご存知先般!
そんな常識のない新聞??エコノミックアニマル?
(あっ、すっすみません。アニマルの風上にも置けませんね)
♂さま、山場おつかれさまでした。これからも頑張ってください
【2006/09/24 15:26】 URL | cchiyochiyo #-[ 編集]
いつも楽しくブログを見させていただいております。
件の記事を読み、激しい怒りとともに何ともいえない虚しさ感じました。
あの作家の考え、気持ちがまったくもって理解できませんし、理解するつもりもありません。
だったら最初から『猫を飼う』行為をしなければいいのに。
そうすれば避妊に悩むことも、仔猫を殺すこともないのに。
なんでそんな簡単なこと、分からないのだろう。
人間に置き換えて考えれば、「セックスして子供が出来た」「育てられないから殺す」「殺すのは嫌だけど避妊はしたくない」って言ってる訳ですよね?
江川さんが仰るとおり、この作家は注目を集めたかっただけ、もしくは頭がおかしいのか。
とにかく同じ日本人として、こんなあってはならないことを文章にし公表した作家、何も考えず掲載し責任逃れする新聞社、悲しすぎます。

♂様、いろいろと大変でしょうが、応援してます。がんばってください!
【2006/09/24 13:13】 URL | ばぶさん #-[ 編集]
私は動物にたいして ある程度の躾は必要だと思いますが
殴ったりするのは かわいそうだと思います。。。
猫の本なんかにも よく載っていますが 
猫は叩かれたら その人を恐いと思うだけで近寄らなくなるだけらしいです。 教えるとゆうより 上ってほしくない所には
上がらせないようにするとか いたずらされたくない物は
出しておかないとか。。。工夫が必要らしいです。
それと 怒るときはいつもと違う大きな声で『ダメ』とか
言うといいらしいです。
うちの子も大きな音させたりで びっくりさせて怒っています。
食事はホントに制限しないとかわいそうな事になりますよね。
デブねこちゃんは見ていて辛いものがあります。
でしゃばったことをして すみません。
気になったのでつい書いてしまいました。
【2006/09/24 11:09】 URL | クレア* #-[ 編集]
動物を愛するとは、えさを与えたり、優しくすることだけではない。
ときには、苦しいことや、厳しくすることも、愛することなのである。
そのひとつが躾だろう。
動物でも、悪いことをしたら、殴らないといけない。
それに、太り過ぎないように食事制限したり、にがい薬を飲ませたりするのも、動物には苦しいことだろうが、立派に愛することである。
それと同じように、避妊手術も、動物にとり、苦しいことでも
さけられない、愛情表現だと思う。
坂東氏は、動物に対する愛をどう考えているのだろうか
それと、これを掲載した新聞社の常識を疑いたい。
【2006/09/24 01:56】 URL | 秋 #cWcd8Id2[ 編集]
♂様

 「感動した~!」(T T)/^

今日は読み終わった後、思わずPCの前でスタンディンク・オベーションでした♪
大仕事を済ませ、手抜きの反省もし(?)、気合い入ってましたね!さすがですっ!感涙v-218

取り上げた座布団1枚に2枚追加して、

 「座布団3枚です~ぅ!」
【2006/09/24 01:56】 URL | オシリス #-[ 編集]
♂様 お仕事お疲れ様でした。
ゆっくりと、2にゃんたちと お休みをお過ごしください。。。
タヒチの件を聞いたとき 許せない気持ちでいっぱいで
どうしてこんなことがと思ってしまいました。
坂東さんみたいなひとに動物を飼ってほしくないです。。。
猫や動物に対して酷い事をする人が多すぎます。
猫なんて年に何回も出産するとゆうのに、そのたびに
子猫が。。。と思うと辛すぎます。
いつも思います。野良猫には必ず避妊・去勢手術を
義務付ける制度があればいいのに。。。

いつもボランティア活動等ほんとうにお忙しいことと思います。
mirura様・アイちゃん・ジェリたんの為にも
お体お大事になさってください。
【2006/09/23 23:10】 URL | クレア* #-[ 編集]
仕事 お疲れさまでした 
一息入れて 猫さんたちに癒してもらってください

避妊去勢手術の是非を問うなら いかようにも議論になり得ると思いますが 命を奪う事に是非はありません
その事には いかなる言い訳も通用しません なぜなら その命はすでにないからです

いかに辛かろうと 重荷を背負うべきであろうと 命を奪うという形であってはいけないのです
重荷を背負う覚悟があるのなら 生まれた仔猫の全てを養育するべきです それが責任というものではないでしょうか

私は 現に人の世にある猫たちの現実に照らして 避妊去勢手術に賛成なのですが 反対する論旨も理解出来ます
出来得れば 先祖の暮らした大自然の中に 戻してあげられたら良いと思っています
今となっては不可能ですが...

* 彼女に言論の自由があるのなら それに反対する意見にも やはり自由はあるんですよね?
【2006/09/23 21:17】 URL | くー #B4Ayegp6[ 編集]
私は日経新聞抗議メールを送りました。にゃんの返事もなかったですけど。あのあほな作家はこんなにみんなから非難が来るとは思いも寄らなかったのでしょうね。作家のくせに想像力に欠けています。毎日新聞の記事だけでなく、あちこちの雑誌に反論をして「私の言いたかったことはこうなのよ。」と、言いまくっているようですが、所詮言い訳ににすぎません。言葉を扱うという大切な仕事をしているはずの人が、命を軽んじる文を書くことは許されません。作家だけでなく、新聞社にも大いに責任があります。人も動物も、命の重さは変わらないのですから。殺された子ねこだけでなく、生まれたばかりのわが子を殺された母ねこのことを考えると、なんと悪逆非道なことをするのだろうと、何日たっても怒りがこみ上げてきます。
【2006/09/23 21:07】 URL | まかりん #-[ 編集]
いつもは読み逃げだったのですが、初めてコメントさせていただきます。毎日新聞の記事私も拝見しました。本人が思った以上の出来事にあせって何とか自分のしている事を正当化しょうとしてるとしか思えない記事でした。でも一番びっくりしたのは賛同した方々がいたという事、理解できませんでした。やはり、どんな理由があるにせよ神ではない以上命を左右するなど許されることではありません。それは生を受けてこの世にやってきたという事は生き物すべてに任務を受けてこの世にやって来たのだから、死んでいい命などないのです。うちにいる二匹の猫は里親になって我が家に来ました。雌猫のこはおてんばだったのに避妊手術してから、性格が180度変わってしまってこれでよかったのかと思った時期もありましたが、子殺しの記事を読んで、私の決断は間違ってなかったと確信しました。

にゃぱねっとさまお仕事大変でしょうに、ボランティア活動もお疲れ様です。私は気持ちがあるものの行動がともなわなくて。。。
【2006/09/23 19:37】 URL | はーぽん #2DdjN05.[ 編集]
ああ ♂さま。本当にその通りです。いいことを上手にまとめていってくれます。 うんうん (u_u)

仕事の今年最大の山場は乗り切れたのですね。お疲れ様でした~。v-275

p.s 究極の手抜き記事・・・http://nekonet.blog72.fc2.com/blog-entry-113.html
お二人&オシリスさんのやりとりが、も~可笑しくって楽しく笑わせていただきましたっ。\(⌒◇⌒)/
仲良いですねぇe-266
【2006/09/23 18:42】 URL | mamesibori #i1AW65Uk[ 編集]
お父さん、お仕事大変でしたね。お疲れ、です。

坂東さんのことは、私も数日間に渡り、
いろいろ 考えてみました。
様々な原因、理由、考え方があると
思いますが、やはり、生まれるために生きてきた
生物を殺すのはどうかと 思うのであります。
怠慢で死なせてしまうのも虐待と同じです。
そのような残酷なことが 少しでもこの世から
消えるようにしたいものです。
そして、そうした難しい立場にある生物たちを
私も救う事ができるなら、手を差し伸べる勇気があります。

時々、新宿で犬を助ける人たちが街頭募金と
啓発を呼びかける運動をしており、
私は 素通りする事ができません。
動物を愛することは、人を愛することの次に
素晴らしいこと、とフィヒテがその様な意味のことを
述べています。フィヒテの幸福論、また読んでみよう
と思います。読書の秋だしね。e-339
動物を虐待するのは、有る意味において人間の
心が荒んでいる証です。その様な人の心を
解きほぐし、一人でも多くの人が優しい心を
持つことができるようにする、そういう形でも
援助することにならないだろうか。
人も動物も。命あるもの全てが幸福であるよう
祈っております。(長くなってスイマセン)e-346e-465
【2006/09/23 17:47】 URL | la chatte noir #-[ 編集]












管理者にだけ表示を許可する




Design by mi104c.
Copyright © 2017 「猫の集会場」直営 ネコネット, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。